スケルトン階段と梁によるアクセントが効いた木造とRCの混構造の家

ユルヤカにツナガル家

  • 「車2台分の駐車スペース」というご要望には、高低差のある敷地を活用した形で建物地下部分に電動シャッター付きのガレージを計画しました。
  • リビングから和室・お庭へと開放的に繋がるプランはK様のこだわりを形としたものです。
  • 収納計画にもこだわりました。
    広いロフトスペースはもちろん、家のアチラコチラに造作家具を計画して、大容量収納を実現しています。
≪延床面積≫ m2(坪)
≪家族構成≫
≪敷地面積≫ m2(坪)
≪竣工年月≫ 年 月
≪工法・構造≫ 工法()

ツナガリのある内部空間

格子戸やガラス引き戸によって、また、階段もいわゆるスケルトン仕様とする事で、空間の仕切りは曖昧なものとし、常に光・風・視線の「抜け」が意識された、開放的でそれぞれがユルヤカにツナガル住空間が実現されています。
あらわしの梁がアクセントとなったLDKは、とても明るく、開放的でご家族にとって一番心地の良い場所となる事でしょう。

HOT TOPICS