アレルギー対策の自然素材と通気断熱WBによる夏涼しく冬暖かい家

自然素材とデザイン、採光と空気
暮らし心地にこだわった狭小住宅

  • 敷地は約20坪だが建ぺい率50%という厳しい条件のため、建坪は約10坪のY氏邸。
  • 玄関周りは天然木のサイディングを採用し、自然塗科で着色。ナチュラルテイストな室内ともぴったりのかわいらしい外観になった。
  • 1階の居室が日陰にならないように、バルコニーの屋根、壁面、床には光を透すスケルトン素材を採用
  • 冷暖房効率を上げるため階段に引き戸をつけた。踊り場をつくらず廊下と兼用して空間有効活用
  • パインの無垢材に自然塗料を塗って仕上げた床面は、裸足で歩きたくなるやさしい踏み心地
  • 広々としたルーフバルコニー。「ベンチを置いたり、家庭菜園を作ったり、夢が広がります」と夫人
  • 玄関脇の居室は、カラーコンサルタントである夫人の仕事部屋。小さくても居心地の良いしつらえに
≪延床面積≫ 66.33m2(20.06坪)
≪家族構成≫ 夫婦+子ども1人
≪敷地面積≫ 66.23m2(20.03坪)
≪竣工年月≫ 2009年3月
≪工法・構造≫ 通気断熱WB工法(木造軸組)

自然素材と通気断熱WB工法で体に優しい住まい

「機能性や快適性も備えた自然素材の家にしたいと思っていました」と話すYさん。予算内で希望を最大限かなえてくれる会社を探し、ピスコホームに出会ったそうだ。「地元密着で信頼できるところ、専任の営業担当者がいて要望を伝えやすいこともよかったですね。無垢材など標準仕様のグレードが高いところも魅力でした」と夫人。構造はオール4寸柱を採用。また、室内の空気が自然に循環する「通気断熱WB工法」でアレルギー体質のYさんと息子さんも快適に暮らしているそうだ。

HOT TOPICS