pisco-blog > 未分類 > 借地権で家を建てる方法

借地権で家を建てる方法


shakuchi

借地権で家を建てたい方の悩み事の9割以上は、資金の問題ではないでしょうか?

 

ご存知の通り、借地権で家を建てる場合、家が完成するまで、金融機関の融資はおりません。

したがって、着手金・中間金等は全て、建主様の手持ち資金から捻出することとなり、実質、家づくりの費用のほとんど(一般的に建築総費用の60~80%程度)を建て主が負担する形となり、大きな自己資金が負担となります。

 

事実、「完成して融資がおりたら一括で払うから!」では、99%の建築会社は請け負ってくれず、借地権をお持ちのほとんどのお客様は、家づくりを諦めているのが現実ではないでしょうか。

 

ピスコホームでは豊富な資金力を活かして、下記の条件で「借地権での家づくり」を応援しています。

******************************************

・ 総費用の20%を着手金としてごピスコホーム・平安住宅へご入金。

・ 残りの総費用の80%は「完成後」払いでご入金。

※つまり金融機関からの融資がお客様口座へご入金後、ピスコホーム・平安住宅へご入金ください。

******************************************

借地権で家づくりが難航されている方、ピスコホーム・平安住宅がお客様の家づくり実現をサポートします。

お気軽に当社まで詳細をお問い合せください。