pisco-blog > 未分類 > 空き家の有効活用

空き家の有効活用


akiya

2014年7月の総務省発表によると、全国の「空き家率」は820万戸となり、総住宅数に占める割合が13・5%と過去最高を更新、都心部でも例外なく、空き家率は上昇している状況です。

ピスコホームでは、そういった「空き家」を所有するオーナー様の「マイナス資産」の再生サポートを行っております。

不動産としての価値を再生した上で、「賃貸」「売却」等が可能となり、「プラス資産」に変更が可能となります。

 

またピスコホームでは、オーナー様の実質費用負担ゼロの空き家有効活用もご提案しております。

例えば、空き家の土地を半分買い上げ、その売却代金で、残りの土地の建築費用に充てる形での再生計画も可能です。

 

「空き家」の放置は単純に「マイナス資産」という事ではなく、犯罪発生(不法利用・放火)のリスクも併せ持ち、多大な賠償リスクが潜在している事も抱えている事と言え、既に、度々、問題となっています。

 

空き家を所有しているけど、なんとなく放置されているオーナー様。

一度、ピスコホームへご相談を頂ければと思います。